ホーム  >  大醤ブランド  >  大醤の歴史

大醤の歴史

大醤は、寛政12年に河内屋又兵衛が堺で創業した河又醤油を前身とし、昭和45年に「大阪醤油」由来の現在の社名で設立されました。堺は江戸時代初期から中期にかけて全国屈指の醤油の産地であったと記録にあります。現在は大醤1社が残るのみとなりましたが、醤油造りにかけてはその伝統の製法を引き継いでおります。

創業二百年の沿革

the1800s

the1900s

the2000s

西暦1800年 寛政12年 河又醤油創業
少林寺町五貫屋筋で醤油製造業を始める
西暦1830年 天保元年 新在家町に店を移す
西暦1836年 天保7年 河内屋又兵衛が2代目として家督を相続
西暦1883年 明治16年 河盛又三郎が3代目として家督を相続
西暦1889年 明治22年 「松乃盛」を商標登録
西暦1898年 明治31年 本醸造醤油「松乃盛」が宮内庁御用達に
西暦1899年 明治32年 河又醤油創業100年記念事業
西暦1905年 明治38年 今野清治が入社。
河又醤油試験所で本邦初の醤油麹菌の純粋培養を開始。
西暦1914年 大正3年 日本郵船に船舶用醤油納入
西暦1926年 大正15年 河又醤油が資本金70万円で株式会社に。
西暦1941年 昭和16年 河盛安之介が4代目として社長に就任
西暦1945年 昭和20年 堺の空襲にて新在家町の本社、工場全焼
西暦1946年 昭和21年 現在の地で工場復興に着手
西暦1952年 昭和27年 業界初ビタミン醤油を開発
西暦1964年 昭和39年 本社がJAS認定工場に
西暦1969年 昭和44年 170周年記念として新製品「王醤」発売
西暦1970年 昭和45年 河又醤油とイヅミイチ株式会社が合同で大醤株式会社を設立
初代社長に河盛安之介が就任
西暦1974年 昭和49年 河盛泰三が創業から5代目、大醤として2代目社長に就任
西暦1980年 昭和55年 「ゆずぽんず」で調味醤油の分野に進出
西暦1981年 昭和56年 大醤現本社事務所竣工
西暦1990年 平成1年 布谷英雅が大醤3代目社長に就任
西暦1996年 平成8年 和歌山・西幸醤油の業務を引き継ぐ
西暦2000年 平成12年 創業 200年
記念に波佐見焼入り醤油を発売
西暦2000年 平成12年 河盛幹雄が大醤4代目社長に就任
西暦2004年 平成16年 ISO-9001 認証取得
西暦2006年 平成18年 堺ブランド「堺技衆」認証取得
西暦2011年 平成23年 「新生醤油」が大阪産(もん)名品マークの使用許可を取得
西暦2013年 平成25年 「キムチぽんず」がモンドセレクション金賞を受賞


大醤ブランド

工場見学について